1. トップページ > 
  2. 介護Q&A > 
  3. 『フレイル』は介護予防のキーワード

『フレイル』は介護予防のキーワード

Q,介護が必要な年になりましたが、介護をされたくないです。予防のおすすめの方法を教えてください

A,『フレイル』を知って介護予防を早めのうちからしておきましょう。

フレイルは健康な状態から介護が必要な状態に移行する中間の段階を表します。高齢者はフレイルの時期に、心身および社会性など広い範囲でダメージを受けたときに回復できる力が弱くなり、環境や外的からのストレスに対しても抵抗力が弱くなります。

しかし、適切な介入をうけることで健康な状態に戻ることができる時期ともされています。

日本老年医学会は早期発見・早期支援で、多くの高齢者の生活機能の維持・向上を目指して、2014年に「フレイル」という概念を提唱し、普及に努めてきました。

高齢化社会の現代において、フレイルの早期発見や正しい介入(治療や予防)は欠かせません。

介護が始まる前、介護が必要になる前から適切な知識を身に着けておきましょう。

フレイルとは

フレイルは海外の老年医学の分野で使用されている英語のFrailty(虚弱、老衰)が語源で、加齢に伴って心身が衰え、要介護になる可能性が高い状態のことを表します。

健康な状態から介護が必要な状態に移行する中間の段階です。

フレイルは、厚生労働省研究班の報告書では『加齢と主に心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な症状像』とされています。

また、筋力低下などの身体的要素、認知症やうつなど精神・心理的要素、独居や経済的困難などの社会的要素も含みます。

このようにフレイルは多面的な虚弱性によって、自立した生活ができない状態や死に至る健康障害を招く、リスクが高い状態と捉えられます。

フレイルの原因

フレイルの原因は多数視点から考える必要があります。『ソーシャルフレイル(社会性の虚弱)』『コグニティブフレイル(こころ/認知症の虚弱)』『フィジカルフレイル(身体的虚弱)』の要素が互いに密に関連しながら、互いに増強しあうようにフレイルを悪化させています。

下記はフレイルの原因と考えられる、一部です。

*フィジカルフレイル(身体的虚弱)

・低栄養
・口腔機能低下
・筋肉量が減るなどの筋力の低下(サルコペニア)
・歩くスピードの低下等の運動器障害《骨(骨粗しょう症)・関節(変形性関節症)》
・認知機能の低下
・体重が減る

*コグニティブフレイル(こころ/認知症の虚弱)

・気分が落ちやすく、疲れやすくなる
・日常管理が必要な慢性疾患(糖尿病、呼吸器疾患、循環器疾患抑うつ症状など)
・MCI(軽度認知障害)

*ソーシャルフレイル(社会性の虚弱)

・収入が減る
・孤独になる
・引きこもりがちになり、社交的でなくなる
上記のような要素が、重なりフレイルを引き起こしています。
加齢により筋力や筋肉量が減少すると、活動量が減り、エネルギー消費量が低下、さらにその状態では食欲が湧かないため、食事の摂取量が減り、たんぱく質をはじめとした栄養の摂取不足による低栄養素の状態になります。

低栄養素の状態が続くと、体重が減少し、筋力や筋肉量が減少します。

このように悪循環が続き、フレイルを引き起こすことを『フレイル・サイクル』と呼びます。
フレイル・サイクル
【参照】日本人の食事摂取基準(2015年版) 策定検討会・報告書より
このサイクルが続くことにより、認知機能の低下や、易疲労性活力の低下などが引き起こされます。一つのことが重なり、ぐるぐると悪循環を繰り返します。

悪循環を繰り返さないためにも早いうちから、自分の状況を理解し、対策をすることが大切です。

フレイルの基準

フレイルの基準には、様々なものがありますが、Friedが提唱した評価基準が一般的に用いられています。

(Fried LP, Tangen CM, Walston J, et al: Frailty in older adults: evidence for a phenotype. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2001; 56: M146-156.)

Friedの基準には5項目あり、3項目以上該当するとフレイル、1または2項目だけの場合にはフレイルの前段階であるプレフレイルと判断されます。

①『shrinking』体重減少-意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少

②『exhaustion』疲れやすい-何をするのも面倒だと週に3-4日以上感じる

③『slowness』身体能力(歩行速度)の低下

④『weakness』握力の低下

⑤『low activity』身体活動量の低下
フレイルの概念と評価法
【参照】ヘルスプロモーション研究センター『フレイルとは:概念や評価法について』

フレイルのチェック方法

フレイルは早期に発見・対応することで健康な状態へと戻ることが可能です。簡単なフレイルチェックを行うことで見落としがちな兆候やリスクを発見することができます。

フレイルを自分でチェックする方法がいくつかあります。その中の一部をここでは紹介します。

フレイルの健康診断・基本チェックリスト

項目をもとに自分でチェック欄にチェックをつける方法です。厚生労働省は基本チェックリストを公表しています。
フレイルの健康診断チェックリスト
フレイルを総合的に判定するのに適したツールです。

回答欄の『はい』もしくは『いいえ』の前にある数字(0または1)を合計します。項目ごとの合計が以下に当てはまる場合、フレイルのリスクが高いと考えられます。

*項目1~20の合計:10点以上(全般的な生活機能の低下)

*項目6~10の合計:3点以上(運動器の機能の低下)

*項目11~12の合計:2点(栄養状態の低下)

*項目13~15の合計:2点以上(口腔機能の低下)

*項目16~17:16が『いいえ』もしくは17も『はい』の人は要注意(社会的交流)

*項目18~20の合計:1点以上(認知機能の低下)
【参照】厚生労働省平成21年3月『介護予防のために生活機能評価に関するマニュアル(改訂版)』
チェック項目で簡単に診断、また機能ごとに診断ができるので今から始めてみることをお勧めします。

指輪っかテスト

足のふくらはぎでテストができる簡単なチェックテストです。

両手の親指と人差し指で輪を作って、ふくらはぎの一番太い(厚い)ところを囲みます。囲めない場合はサルコペニアの可能性は低いですが、ふくらはぎとの輪の間にすき間ができる場合は、サルコペニアの可能性があります。

サルコペニアとは握力や下肢筋・体幹筋など「全身の筋力低下が起こること」や歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど「身体機能の低下が起こること」です。寝たきりや転倒・骨折などのリスクが増える状態です。これは加齢や疾患により、筋肉量や食事(特にたんぱく質)の摂取量が減少することが要因です。筋肉量の減少により、運動量の低下、食欲の低下、低栄養素状態、筋肉量減少と悪循環が続きます。

サルコペニアはフレイルの身体的要因の前兆でもあります。
フレイルはこのような身体的要因のほかに、精神・心理的・社会的な衰弱や虚弱を含みます。

指輪っかテストでサルコペニアの可能性が高い方はフレイルの前兆段階にあります。
私生活に簡単な運動を取り入れていきましょう。

フレイルの予防

今まで普段通りに生活していて健常な段階からフレイルを予防するには、生活習慣病の進行予防を行いながら運動機能・認知機能の低下を防ぎ、社会的関わりを保ち続けることが欠かせません。

《フレイル予防》
・規則正しく、バランスのよい食事

・持病のコントロール

・感染病の予防

・口腔・嚥下機能を保つケア

・日常生活に運動

・社会とのつながり

【関連記事】
⇒ △▼フレイルの予防▲▽

上記はフレイル予防の一例です。

何より大切なことは健常な段階から生活習慣病の進行予防を行い、フレイル予防に取り組むことです。

積極的に行っていきましょう。
フレイルは健康な状態から介護が必要な状態に移行する中間の段階を表します。

急速に高齢化が進み、平成22年の高齢化率(65歳以上人口割合)は 23.0%、75 歳以上の人口割合は 11.1%となっています。

今超高齢社会における栄養の問題として、健康寿命の延伸や介護予防の視点から、過栄養だけではなく、後期高齢者(75歳以上)が陥りやすい「低栄養」「栄養欠乏」の問題の重要性が高まっています。

【参照】日本人の食事摂取基準(2015年版) 策定検討会・報告書より

介護が始まる前、介護が必要になる前から適切な知識を身に着けることが大切です。
早いうちから『フレイル』を知って介護予防を行いましょう。
質問箱はこちら
無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。