1. トップページ > 
  2. 介護Q&A > 
  3. 自分の意思を伝えるエンディングノート

自分の意思を伝えるエンディングノート

○●エンディングノートの作成●〇

何かあったときのために、自分の意思や伝えたいことを書き留める『エンディングノート』

書店や文具店で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。自分のプロフィールや葬儀に関すること、自分の死後に行ってほしいことなどをノートにまとめ遺族に残すために使われています。

エンディングノートに特に決まりはなく、ノートやメモ帳、パソコンの文書作成、記録するツールは自由であり、内容も自由です。遺言書のように法的な拘束力もないので、家族に知っておいてほしいことを書けばよいので、気軽に書くことができます。

書くべき内容を下記で紹介します。

自己紹介

まずは、自分自身のことをまとめていきましょう。

自己紹介をする気持ちで、生年月日や住所、本籍地などを書いておけば誰が書いたものか一目瞭然です。また、自分しか知りえないことを記入しておくことで信憑性が増します。

加えて、好物や趣味、特技など自分自身の内面的な部分も書いておくことで新しい自分の発見につながる可能性も出てきます。

個人情報

今、自分が契約している取引先が何件あるかと聞かれたら、答えることができますか?

自分が亡くなったことが連絡されるのは、基本的に親族や関わりのある人です。

例えば、自分が契約している携帯会社への連絡などは残された遺族が行うものです。

携帯電話、インターネット、ガス、水道、ライフラインに関することは沢山あります。
また、パスポートや運転免許書など個人情報に関連することも自分しか知りえないことです。

わかる範囲でまとめておくことで、手続きを行う遺族は安心するでしょう。

医療機関や介護

老後にお世話になる可能性が高いのは医療機関や介護施設など生活に関わることです。

自分が意識あるときに、『こうしてほしい』『どうしてほしい』と意見を言うことはできますが老化するにつれて記憶力や判断力が低下していきます。

そして、意識不明や重度の病気を患ってしまったときに第三者は大変困ります。

アレルギーや持病、常用薬など詳しく書いておきましょう。

また、延命治療を希望するかどうかも書いておきましょう。命にかかわることは、家族に判断させるのは荷が重すぎます。

自分の意思を書き、伝えましょう。

葬儀やお墓

宗派や宗教、遺影撮影、喪主への頼み事、埋葬方法、希望墓地、購入費用、墓地の継承者など葬儀やお墓に関連することをまとめておきましょう。

使ってほしい写真や一緒に棺に納めてほしいものなども残しておくと遺族の方はとても助かります。

既にお墓を持っている方は、寺院や霊園の住所や連絡先も書いておきましょう。

相続財産

預貯金や口座番号、基礎年金番号、株式や不動産など資産に関することを書き記しておくことが大切です。

金銭が関わる遺産相続では『誰がどれだけ受け取るか』が明確になっていないと残された遺族が喧嘩をする原因にもなります。

大きなトラブルにつながる前にも自分が生きているうちに、紙に書き残すようにしましょう。

また、借金やローンがある場合も必ず書き示しましょう。

残された遺族が困らないためにも、金銭に関係することは生前に整理しておきましょう。

家族へメッセージ

エンディングノートの一番の目的は『自分の意思を家族に伝えること』です。

『死人に口なし』という、ことわざがあるように亡くなってしまってからでは自分の気持ちを言葉にすることはもちろん、伝えることは絶対にできません。

ずっと一緒に居られると思った、意地を張って言えなかったなど生前伝えららなかった思いを最期に伝えるツールになります。

言葉を口にして伝えられるのが一番ですが、そうはいかないときもあると思います。

後悔がないよう、気持ちを書き記しておきましょう。

♪家族にできること♪

子供の立場からすると、親がエンディングノートを作成しておいてくれるのは大変ありがたいことです。

親と話し合う機会がないまま何かあったときでもノートを手掛かりに親の要望や考えを知ることができます。

知りたいことが書いていなくても何かしらのヒントを得ることができます。

親族の意見が食い違った際にも『親はこう考えていた』ということがわかれば落としどころが見つかります。

ただし、ここで大切なのは親が必ずしも積極的ではないということです。

自分の死後のことを書くなど、想像もしたくありませんし、考えたくもないことだと思います。

自分から興味を持ち、前向きな気持ちでエンディングノートを始める人もいれば『なんでそんなことしなきゃいけないの!!』『私を殺す気なの!!』と自分を必要としていないのでは、いらないものと言われているのではないか、と否定的な感情を与え、信頼を失う原因になります。

本人が消極的なのに、第三者がとやかく言うのは逆効果です。

行動しないのには、理由があるのではと考えてみてください。もともとの性格かもしれませんが、積極的になれない理由が必ずあります。気持ちを無視して強引に物事を運ぶのはお互いに精神を消耗するだけで解決にはつながりません。

介護する側である家族ができることは『きっかけ』をつくってあげることです。

そのためにまずは自分が作ってみましょう。何かを教えるときにベストの方法が『相手の見本になる』ことです。

自分のエンディングノートを作成してみて、親に見せましょう。最初は親も不審に思います。

しかし、実際にみてみると病気になったときや介護が必要になったとき、いつか訪れる最期をどう迎えたいかなどを話すきっかけになります。

また、実際に書いてみると書くときに困ることなども見えてきて相手への説明もしやすくなります。

まずは、自分がお手本になる気持ちでエンディングノートを作成してみてはいかがでしょうか。
何かあったときのために、自分の意思や伝えたいことを書き留める『エンディングノート』

今回はエンディングノートに書くべき内容のごく一部をご紹介しました。

エンディングノートに法的効力はありません。

しかし、自分の意思を確実に家族に伝えられる大切なものです。

生前伝えられなかった思い、どのような内容でもいいと思います。

『ありがとう』『ごめんなさい』『うれしい』『かなしい』、沢山の感情が人間にはあります。

後悔がないよう、気持ちを文章に残しておいてみてはいかがでしょうか。
質問箱はこちら
無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。