1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 食事介助のポイントと注意点…おいしく安全に食べてもらうために

食事介助のポイントと注意点…おいしく安全に食べてもらうために

食事介助のポイントと注意点…おいしく安全に食べてもらうために

高齢者に食事介助をする介護職員

介護の仕事に付きものの、「食事介助」。
実は、食事介助はこまかい注意点も多く、ベテランの介護職員でも非常に気を遣う仕事です。

この記事では、利用者の状況に応じて適切な食事介助ができるよう、介助のポイントやコツ、知っておきたい注意事項について、順を追って解説していきます。

おいしく安全に食事をしてもらうために、ぜひ食事介助の正しい方法をマスターしましょう。

食事介助のルールを知ろう

まずは、食事介助におけるルールからご説明します。

噛む力や飲み込む力が衰えてくる高齢者にとって、食事は「誤嚥の危険」や「栄養失調のリスク」をはらんでおり、私たち介護職員は細心の注意を払いながら介助を行わなければなりません。
高齢者の方に安全に、そしてスムーズに食事をしてもらうために、ぜひ次から説明するポイントをしっかり押さえておきましょう。

安全な姿勢を保つ

まず最初のチェックポイントは、「食事に適した姿勢」です。

・体が左右どちらかに傾いていないか
・椅子に深く腰掛けているか
・前かがみになり過ぎていないか
・足裏が床にきちんとついているか

この点に注意し、安全で食事をしやすい姿勢がとれているかよく確認しましょう。

最初のひと口目は汁物から

食事のひと口目は、お茶や汁物などの水分をすすめましょう。
口の中に水分が入ることで食欲のスイッチが入り、スムーズな食事につながります。
また、唾液の分泌をうながして、喉の通りをよくする効果もあります。

できることは本人に任せる

全介助の人以外は、基本的にできる範囲で本人に自力で食べてもらうよう促します。
なぜなら、自分で食事をすることは、本人の残存機能を維持すると同時に、食べる意欲を高めることにもつながるからです。

グリップのついたスプーンやフォーク、ホルダーのついたカップなどの「自助具」を活用し、必要があればカップを両手に持たせたり、スプーンに食べ物を乗せてから相手に手渡したりなど、要介護度の状況に合わせて適切なフォローをしましょう。

相手のペースに合わせる

食事の際、ひと口の量や食事のスピードは、利用者一人一人のペースに合わせましょう。
介護職員にしてみると、とくに忙しい職場では「時間内に食事をしてもらわなければ」と焦ってしまうものですが、相手を急かしたり食事を無理強いしたりすると、食べ物を喉に詰まらせるなどの事故につながりかねません。
また、利用者本人にとっても、自分のペースで食事ができないと食べることが苦痛になってしまい、食事を拒否するようになる可能性もあります。
それらを防ぐためにも、相手の飲み込むタイミングに合わせ、適度な量とスピードで介助をおこないましょう。

主食・主菜・副菜・汁物をバランスよく

食事介助は、利用者に安全に食べてもらうだけでなく、食事を楽しんでもらうことも目的のひとつです。
そのためには、主食・主菜・副菜・汁物をバランスよく提供し、最後まで飽きずに食べてもらう工夫をしましょう。
「次はお魚を食べてみましょうね」などの声かけをすると、料理に意識が向き、より味わって食べてもらえるので、料理の食材や味付けについて説明しながら介助をするのもおすすめです。

片麻痺の利用者の場合

麻痺のある方の場合は、麻痺のない側(健側)から介助をおこないます。
また、片麻痺の方は麻痺している側の口腔内に食べかすが残りやすいため、口の中の様子にも気を配りながら食事を進めましょう。

ベッド上で食事介助を行う場合

ときには、ベッドで横になっている人に食事介助をすることもあるかと思います。
その際は、食べ物が喉に詰まったり逆流したりしないよう、ベッドを30度くらいにギャッジアップして上体を起こしましょう。
上体が安定しないときは、腰や背中にクッションを当てるなどして、体をしっかり支えるようにします。
食事の前に、姿勢は苦しくないか、痛む箇所はないか、必ず本人に確認してから介助を始めましょう。

視覚障害の方の食事介助

視覚障害があっても自分で食事ができる方の場合は、「クロックポジション」を活用しましょう。
クロックポジションとは、料理の位置を「時計」に例えて説明する方法です。
たとえば、「6時の位置に箸が置いてあります」、「ごはんは7時の位置です」、「3時の位置にお茶があります」などと声かけをして、料理や飲み物の位置を把握してもらいます。
フォークや箸などの尖ったものは、ケガの危険があるため職員が直接手渡しましょう。
また、お茶や味噌汁など熱いものは、十分冷ましてから提供してください。

要チェック!食事介助の注意点

高齢者にご飯を食べさせる介護職員

ここでは、食事介助で起こりがちなトラブルや、注意したいポイントについてお話しします。

誤嚥に注意

食事介助でとくに注意したいのが、「誤嚥」です。
誤嚥は、窒息や誤嚥性肺炎などを起こして命に関わることもあるため、高齢者の食事介助ではいっそう注意が必要です。

若い人でも、食べたものや飲んだものが気管に入って激しくむせることがあると思いますが、これは異物を排除して誤嚥を防ぐための体の防御反応です。
ただ、高齢者の場合はこの防御反応が衰えていて、うまく機能しないケースも少なくありません。
すると、深刻な誤嚥を引き起こし、窒息や肺炎などのリスクを高めてしまうのです。

誤嚥を防ぐポイント

誤嚥を予防するには、むせやすく誤嚥しやすい食品を避けることが重要です。
パサパサしたものや、噛み切りにくいもの、水分や汁物は、誤嚥を招きやすいため要注意。
嚥下機能が衰えている人には、調理方法を工夫したりトロミ材をうまく利用し、飲み込みやすい形状にして提供しましょう。

また、食事をするときの姿勢にも注意が必要です。
頭が後ろに反ってしまったり、上体が傾いたりしていると、誤嚥のリスクが高まってしまいます。
きちんと上体を起こせるよう、背中にクッションを挟み込んだり、足裏が床につくように椅子の高さを調整したりして、正しい姿勢で食事をしてもらいましょう。

嚥下しやすい食品・誤嚥しやすい食品

嚥下機能の衰えた高齢者には、どのような食品が向いているのでしょうか。
嚥下しやすい食品と、誤嚥しやすい食品を、それぞれご紹介します。

【嚥下しやすい食品】
基本的に、やわらかく煮込んだものや、適度にとろみのある食品がおすすめです。
例:おかゆ、あんかけ、ポタージュスープ、プリン、ヨーグルトなど

【誤嚥しやすい食品】
パサパサ・ボロボロしているもの、硬い食材、噛みにくいもの、サラッとした汁物や飲み物は、誤嚥を引き起こしやすいので気をつけましょう。
例:味噌汁、パン、もち、ナッツ類、おせんべい、こんにゃくなど

安全な食事のためのポイント

最後に、食事介助をするにあたって、利用者の安全を守るための大切なポイントをお伝えします。

水分補給をしっかり

高齢者は若い人よりも脱水になりやすいため、こまめな水分補給が欠かせません。
1日の水分摂取量は、2500mlほどが適切だといわれています。
食事から約1000ml、体内で作られる水分が約300mlのため、約1000~1500mlの水分を飲用として摂取するのが望ましいとされています。
認知症の方や寝たきりの方に十分な水分を摂ってもらうのはなかなか難しいことですが、こまめに水分を勧めたり、本人の好きな味の飲料を用意したりして、脱水にならないよう用心しましょう。

食後の口腔ケアを忘れずに

食事のあとに口の中に食べ物が残っていると、虫歯や歯槽膿漏のほか、口腔内の細菌によって病気を引き起こしてしまう恐れがあります。
口の中を清潔に保つために、食後は口腔ケアを徹底しましょう。
食事が済んだ順に口腔ケアに誘導するなど、施設内で口腔ケアをルーティン化し、利用者の方々に歯磨きや口すすぎを習慣にしてもらいましょう。

食事を嫌がる時はどうしたらいい?

嫌がって食事をしない利用者には、どのように対応したらよいのでしょうか。

まずは、体温や排便の様子などの体調面をチェックしましょう。
いつもはよく食べる人が食事を渋る場合は、体調不良が原因かもしれません。

次に、口の中に異常がないか確認しましょう。
虫歯や口内炎ができていると、痛みで食事ができない可能性があります。

どちらも問題がない場合は、「食べる気分になれない」「食事に興味がわかない」などの理由が考えられます。
その場合は、職員が声掛けをして食事に意識を向けさせたり、料理の大きさや形を変えたりして、食べやすくなるよう工夫してみましょう。
たとえば、ご飯をおにぎりにして手に持って食べられるようにしたり、スプーンなどですくいやすいよう深皿に料理を盛ってみるのもよいかもしれません。
食事へのストレスを減らし、「ちょっと食べてみようか」と思えるような働きかけをしていきましょう。
食事介助に慣れていないうちは、なかなか思うように食べてもらえずに悩む方もいるかもしれません。
ですが、経験を積んでいくにつれて、少しずつコツがつかめていくはずです。
利用者に安心して食事を楽しんでもらうために、食事介助の知識と技術をしっかり身につけていきましょう。
無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。