1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 介護職は何歳まで働ける?中高年でも資格取得は可能?

介護職は何歳まで働ける?中高年でも資格取得は可能?

介護職は何歳まで働ける?中高年でも資格取得は可能?

ヘルパーの女性

介護の仕事は今後ますます需要が見込まれており、仕事を探している人の中には介護職に興味を抱く方も多いかと思います。
幅広い年齢層の人が活躍する介護の職場には、新卒の若者はもちろん、中高年で他業種から転職してくる人もめずらしくありません。

ただ、介護の仕事は体力勝負でハードなイメージもあり、体力にかげりが見え始める年代の方には不安な面もあるのではないでしょうか。

「介護職は何歳まで働けるのだろう?」
「40代や50代で資格取得を目指すのは有り?」

このような疑問をお持ちの方に向けて、介護職の年齢層や、年齢によるメリット・デメリット、中高年の方の資格取得について、わかりやすくお話しします。

介護職の年齢層

介護職には、どのくらいの年齢の人が多いのでしょうか。
厚生労働省のデータによると、どうやら性別や職種によって職員の年齢層が多少異なるようです。
詳しくみていきましょう。
介護職の年齢層
※厚生労働省「介護労働の現状」を基に作成

介護職は、男性は20代~30代、女性は40代以降の割合が高くなっています。

職種別にみると、「介護職員」は30代40代が多いのに対し、「訪問介護員」は40代~60代が主流です。
中でも、60歳以上が全体の3割以上を占めている点が特徴的だといえるでしょう。

データからは、介護の職場では男性は40歳未満、女性は40代以降の人が多く働いており、とくに訪問介護は40代以降の人が目立って多いということがわかります。

介護職は何歳まで働ける?

介護の仕事は、「きつい」、「体力が必要」というイメージを持たれがちですが、実際は60歳を過ぎても現役でバリバリ働いている人が大勢います。
なぜ介護職にはこれほど高齢の職員が多いのでしょうか。

本人次第で何歳まででも働ける

実は、介護の事業所では定年制度がないところも多く、とくにパートやアルバイトの場合は、本人次第で何歳まででも働くことができます。

また、会社を早期退職したあとに、介護業界でセカンドキャリアを積みたいと考える人や、親の介護がきっかけでヘルパーを志す人など、ある程度の年齢になってから介護の仕事に就く人も少なくありません。

こういった理由から、介護の職場には中高年の職員が思いのほか多く働いています。
何歳であっても、働く意欲のある人には門戸が開かれている、それが介護の仕事なのです。

中高年が多い介護業界

上の表のとおり、介護業界には50代60代、それ以上の職員も多く働いています。
筆者が以前働いていた訪問介護の事業所では、最高齢71歳のヘルパーがいました。

もちろん年を取るごとに体力は衰えていくため、年齢的に不安を感じる方もいるかと思います。
ですが、多くの職場では職員の年齢や体格を考慮し、負担にならない仕事を任せてくれることがほとんど。

たとえば、大柄の男性の介護は、小柄な女性ヘルパーひとりでは難しいため、2人体制にするか男性ヘルパーが担当するなど、現場のリーダーが職員の安全を配慮した体制を考えてくれます。職員の安全を守ることは、利用者の安全を守ることにも繋がるからです。

何より大切なのは、本人の「働きたい」という意欲。
やる気がある方なら、年齢を気にせずに、ぜひ介護業界で働くことを前向きに検討してみてください。

中高年ヘルパーの資格取得も有り

介護の仕事に慣れてくると、ステップアップのために資格の取得を考える方もいるでしょう。

介護の資格には、「初任者研修」や「実務者研修」、「介護支援専門員」などさまざまな資格があります。
なかでも「介護福祉士」は介護で唯一の国家資格であり、資格手当などの待遇もよいことから、多くの介護職が目指す人気資格です。

「この年で資格を取得しても……」と躊躇する方もいるかもしれませんが、心配には及びません。
介護福祉士の受験者の年齢層はとても幅広く、中高年で受験する人も大勢います。

介護に関して一定の知識や技術を有していることを証明してくれる資格ですから、キャリアアップはもちろん、転職にも非常に有利。
「介護福祉士の資格を保有している=即戦力になる」ということですから、大きなアピールポイントになります。

介護福祉士を取得する方法

介護福祉士の受験資格を得る方法は何通りかありますが、実際に介護の仕事をしている方であれば、「実務経験3年+実務者研修」か、「実務経験3年+介護職員基礎検証+喀痰吸引等研修」のルートが現実的でしょう。
このルートで受験をすると、実技試験が免除されます。

他には、福祉系の高校を卒業するルートや、養成施設で学ぶルートなどがあります。

受験には年齢や学歴の制限がなく、受験資格さえ満たしていれば誰でも試験を受けることが可能です。

介護は長く働ける職業なので、取った資格が無駄になることはまずありません。
これから介護業界で働く方は、ぜひ介護福祉士の取得を視野に入れてみましょう。

中高年ヘルパーの有利な点・不利な点とは?

介護の職場では、若い人から60代以上の人まで、さまざまな年代の職員が働いています。
介護はからだを張る仕事が多いため、若いヘルパーの方が向いているイメージがありますが、あながちそうとも言い切れません。

確かに、中高年ヘルパーは年齢的に気を付けなければならない点はあるものの、逆に年齢が高いからこそ有利になる面もあるのです。

介護の仕事において、中高年ヘルパーの有利な点と不利な点を、それぞれみていきましょう。

中高年ヘルパーの有利な点

【利用者とコミュニケーションを取りやすい】

介護職は、食事や入浴などの身体介助だけでなく、利用者とのコミュニケーションも大切な仕事のひとつです。

高齢者が生きてきた時代背景を知らない若い職員だと、利用者と話が合わなかったり、根本的な考え方が違ったりして、相手とのあいだに見えない壁を感じてしまうことも。
その点、利用者と年齢の近い中高年ヘルパーなら、相手の気持ちにより深く寄り添うことができます。

たとえば、当時の人気俳優や流行っていた歌の話をすると高齢者の方はとても喜ぶものですが、このような話題を共有できるのは中高年ならではの利点といえます。

また、自分と年の近い職員の方が親近感がわくという高齢者も多く、何かと頼りにされたり本音を語ってくれたりといったメリットも。

このように、若い職員にくらべて高齢者とコミュニケーションを取りやすい点は、中高年ヘルパーの強みといえるでしょう。


【人生経験が豊富】

人は年齢が上がるほど、多くの人生経験があり視野が広がるものです。
これまでの社会経験や子育ての経験は、介護の仕事にも役立つことばかり。

たとえば、介護につきものの排泄介助は、若い職員の多くはそれまで経験したことがなく、最初のうちは戸惑いを感じやすいものです。
でも、子育てや家族の介護の経験がある方なら、それほど抵抗を感じることなく取り組めるのではないでしょうか。

中高年の方には、20代30代の若い職員にはない様々な人生経験があります。
利用者の生活のあらゆる面に深くかかわる介護職は、その経験を大いに活かせる場でもあるのです。

中高年ヘルパーの不利な点

【体力面が不安】

若い職員に比べ、中高年の方がどうしても不利になるのが「体力面」でしょう。
利用者のからだを抱えたり、寝たきりの人の着替えや清拭をしたりと、介護の仕事は何かとからだを酷使します。
慣れないうちは、1日が終わるとぐったりしてしまうこともあるでしょう。

また、年齢の高い人ほど腰や膝を傷めるリスクが高まります。
介助の際は相手の安全だけでなく自分のからだにも細心の注意を払うことが重要です。

ケガや事故のリスクを減らし、長く元気に働けるよう、中高年の方は自分の体力づくりにも積極的に励んでいきましょう。


【仕事を覚えるのに時間がかかる】

介護の仕事には、覚えることがたくさんあります。
利用者ひとりひとりの名前、必要としている介助、食事の内容や薬の種類など、頭に入れておかなければならないことは多岐に渡ります。

若い頃と違い、年を取るともの覚えも悪くなるため、始めのうちは頭にインプットするのに時間がかかって苦労するかもしれません。

でも、こうした情報は正しく覚えておかないと、大きな事故に繋がる危険があります。
記憶しやすいよう自分専用のノートを作成するなど、できるだけ早く覚える工夫をしましょう。
介護は長く働ける職業であり、定年のない職場なら60代70代でも仕事を続けることができます。
中高年の方が今から資格を取得し、キャリアアップを目指ことも十分可能でしょう。
ぜひ、介護の仕事を第二の活躍の場に選んでみませんか。

無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。