1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 同性介護を望む利用は多いの?男性介護職の需要は高い!

同性介護を望む利用は多いの?男性介護職の需要は高い!

加齢や障がいによって介護が必要になったとき、自分だったらどのような相手に介護を望むでしょう。優しい、思いやりがある、安心できる、頼りがいがあるなど口には出さなくても本音では色々な思いがありますよね。

介護では、入浴や排泄などデリケートなことについても介護者に任せることになります。介護される側としては恥ずかしい気持ちや申し訳ないという気持ちがつきまといますが、日常生活において避けては通れないことなので覚悟が必要になります。

そのような時、やはり同性だから任せられることや、手早く対応してくれるとありがたいと感じる場面が多々あります。

介護の現場では利用者が「同性に介護をしてほしい」という希望を持たれることが少なくありません。現在の介護現場では、男性介護職員は増加傾向にあるものの、女性に比べて男性の介護職の人数の比率は少ないです。

しかし、同性介護のニーズから男性であるということで介護現場から求められる場面は実際には多くあります。詳しくみていきましょう。

介護現場での男性介護職員の活躍の場は大きい

高齢者の女性が乗った車いすを押す男性
介護現場において、男性介護職員の存在は大きく活躍の場も多いと言えます。男性だからこそ、その存在を求められ、力を発揮できる介護の場面があります。

介護の仕事の中での男性介護士のニーズ

介護現場で男性介護職員に求められるニーズは、身体面における体力だけではなくほかににも様々あります。

「男性=力仕事要員」ということではなく、男性にも備わっている優しさや性質、女性とは異なる思考などが介護の現場では重宝されるのです。

太っている利用者の移乗

利用者の中には体格の大きな方もいます。体重も重く体格の大きい方の移乗介助では、その体格差から女性介護職員に無理が生じることがあります。

このような場合でも基本的には、男女に関係なく、介護職員は重心移動やボディメカニクスの原理(力任せではない介護)で介助のコツを獲得しています。

しかし、体格の大きな利用者の介護は体力的な負担の他に、安全面の配慮から緊張感が高まり精神的にも女性にとっては負担が大きいです。介助される側も「大丈夫なのだろうか」「不安だ」と言う気持ちを抱くこともあるでしょう。

男性介護職員であれば、体格や身体的な構造から女性に比べると体格の大きな利用者様を安定した動きで介助できる可能性が高いです。

また、男性介護職員の場合、女性に比べて体力面での不安が少ない分、落ち着いた物腰で対応できることも可能です。介護する側の気構えに余裕があることで、身を任せる利用者も安心できます。

ベッドの移動などの力仕事など

介護現場では、ベッド移動や物品の運搬などで力仕事をする場面が多いです。

ベッドには車輪がついているので女性介護職員でも移動させることができますが、時には利用者を乗せたままの移動や素早い移動、狭い室内での複数のベッドと他の家具との配置交換など様々な条件下でのベッド移動の機会が生じます。

ベッド移動は力仕事であるというほかに、周りへの配慮、安全、要領の良さ、そして判断力が求められます。

力仕事に自信があってこそ、その他のことにも気が回り落ち着いた対応ができます。

このような点からベッド移動などの力仕事は、男性職員が加わることで利用者だけではなく共に働く介護職員も心強く感じることができるでしょう。

利用者に男性介護士のウケは良い

車いすに乗っている高齢者の男性と手をつなぐ若いと思われる男性
利用者にとって男性介護士の評判はどうでしょう。

実体験からいうと、評判は良いといえます。女性同士は立場がどうあれ相手の顔色や言動に過敏になるきらいがあるので、相手が男性介護士の場合は女性の利用者はかえってリラックスしているように見受けます。

また、男性利用者にとっては女性介護士の比率が多い介護現場では男性介護士の存在はありがたく貴重なものです。排泄や入浴介助でも、やはり同性である男性の方が頼みやすく、安心感も得られます。

そのほかの相談や疑問なども同性に話しやすく、理解してもらいやすいということもあります。

利用者にとっての男性介護士のニーズ

男性利用者だけではなく女性利用者のウケも良いのは、男性介護士です。利用者にとっての男性介護士のニーズを具体的にみていきましょう。

付き添いや移乗介助の際の安心感

トイレの付き添いなどの行動を共にし介助をしてもらう場面では、男性介護士のニーズは高いでしょう。

付き添い介助では、付き添ってもらうことで目標を達成するだけではなく、そのプロセスとしてきめ細やかに気が付き、手早く安全にスムーズに物事が進むということが大切です。

排泄の移乗では、移乗までの排泄行為の介助が自尊心を傷つけないように手早く安全にできることが求められます。手間取っていると、利用者は焦りと共に気持ちが傷つきかねないデリケートな場面です。

動作の安定性と手早さを求められる場面では、男性介護士の存在があれば利用者に安心感を持っていただくことができるでしょう。

頼みやすい、話やすい、甘えたいなど

男性介護士には物事を頼みやすく話しやすい、という声もよく聞かれます。

サバサバしていて、反応良く対応してくれる男性介護士は利用者自身も気持ちに余裕をもって関わることができる存在です。それは、男性利用者に限らず女性利用者からも聞かれる声です。

女性介護職が誘っても入浴したがらない人や、食事介助で職が進まない人が、男性介護職の介助に応じるということがあります。

頼みやすい、話しやすい、そして甘えても許してくれるという人がいるということは介護を必要とする利用者の日常にとって重要なポイントです。

同性介護を希望する利用者への対処法

車椅子に乗っている女性の手を握る若い介護職員
男性介護職員のニーズも高い中で、どうしても同性に介護をしてもらいたいという利用者もいます。

同性介護を希望する利用者への対処法についてみていきましょう。

同性介護と介護施設のアピールポイント

同性介護、取り分け女性に比べて人数が少ない男性介護士の存在は介護施設にとってアピールポイントにもなり得ます。利用相談や事前面談で同性介護職がいるかを問われたときや希望されたときは絶好のアピールチャンスです。

また、就職や転職の際に性別が自分をアピールできる1つの手段にもなります。

介護サービス事業所は同性介護の魅力を発信して自社のPRを

在宅サービス、施設サービス等が事前面接の場で同性介護者について求められたときは介護事業所にとっては絶好のピーアールタイムです。

それは、実際に利用する利用者、利用者家族のみならずその場に立ち会っている人全てに自分の事業所をピーアールできるからです。

逆に、女性利用者が同性介護希望の場合はその希望を尊重します。

ただし、今後男性介護職員が増えてくる介護社会ということを理解してもらえるよう、男性介護職員のメリットについても説明しておくことで、少しづつ受け入れてもらえるよう対応します。

事業所のシフトだからということで、排せつや入浴介助の際には、無理に男性介護職員に対応させることはしません。事業所としてできる限りの配慮を利用者と相談しながら進めていくというような対応を行っています。

(例)風呂嫌いの男性利用者の対応で男性介護職員の対応を求められたとき

自宅以外での入浴に不安や嫌悪を抱いてしまう男性利用者にとっては、同性の介護職が入浴のきっかけになったり気持ちのよりどころになることがあります。

また、事前面談に同席した医療機関関係者やケアマネージャーが男性介護士の存在を知っておくことで、次に介護サービス事業所を選択する上で、参考にするでしょう。

予め「男性の利用者には男性介護職が対応することが可能です」と案内しています。

就職、転職の際に特に男性は同性介護について自分をアピール

他職種から介護業界への転職も多くなっている昨今、履歴書や面接において同性介護のニーズと自分の存在を上手にアピールできると良いでしょう。

特に男性は、体力や力仕事、運転などで自分をPRできることで介護施設の人事担当者がニーズを強く感じることができ、採用に繋がるという期待ができるでしょう。

まとめ

病気で体が弱っている時、気分が落ち込んでいる時、自分を支えてくれる人の存在を私たちは生きている中で幾度も体験し、ありがたく感じてきました。その存在の多くは両親や夫婦や子どもなど身内であったという人が大多数でしょう。
しかし、介護が必要になって介護施設で受ける介護は、他人に自分の身をゆだねることになります。状況や場面においては、同性同士の方が理解しやすいことやより心情を察することができるということがあります。

また、介護の人手不足という現代社会が抱えている問題を鑑みると、女性介護職が多い介護の現場では、男性介護職のニーズはこれからもどんどん高まっていくことでしょう。
無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。