1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 高齢者の口腔ケアが重視される理由と手順を知っておこう

高齢者の口腔ケアが重視される理由と手順を知っておこう

健康寿命や介護予防という言葉が注目されている現代、高齢者の口腔ケアは重要視されています。口腔ケアは、毎日のあたりまえのケアを行うことで、清潔保持のほかにも虫歯予防や誤嚥性肺炎などの様々な病気の予防にもつながります。

「口の働き」という観点から、口には食べることや話すこと以外に、呼吸や表情にも関連しています。噛む行為や、豊かな表情ができる行為は認知症の予防や改善にも寄与するのです。

これらのことから、口腔ケアは総じて高齢者の健康維持に重要といえます。そこで、高齢者の口腔ケアについておさえておきたいポイントをご紹介します。

誤嚥性肺炎予防に口腔ケアに力を入れている介護施設は多い

高齢者に食事を与えている介護職員
高齢者の生活を支援する介護施設では、施設に入居している高齢者の平均年齢も要介護度も高いことが多いので、特に誤嚥性肺炎を引き起こす危険度も増しています。

そのため、口腔ケアに力を入れている施設も多くなっています。日頃からできる予防のひとつとして、口腔ケアに取り組んでいるのです。

介護施設における口腔ケアの目的

介護施設における口腔ケアの目的は、大きく2つに分けることができます。

1つ目は、口腔内の清潔を保つために行う「器質的口腔ケア」、2つ目は口腔機能の低下を防止する「機能的口腔ケア」です。

少々難しい言い回しですが簡単に言うと、日常の口腔ケアのほかに、口の動きなどの機能の維持・向上のためのケアがあるということです。

それぞれを詳しく紹介していきます。

口腔内の清潔を保って誤嚥性肺炎を予防する 器質的口腔ケア

器質的口腔ケアは、食後のうがいや歯磨きを行うことで口の中の雑菌の繁殖を防止します。

飲み込み不良によるむせ込みや咳き込みによって、雑菌が唾液や食べ物と一緒に気管に入ってしまうと、雑菌によって肺炎を引き起こしてしまいます。

これが、いわゆる誤嚥性肺炎です。

抵抗力や免疫力が低下している高齢者が肺炎にかかると、重篤な事態を引き起こすこともありますので介護を行う上で気を付けるべき病気の1つです。

また、歯周病や粘膜の疾患にもかかりやすい状態にある高齢者にとって、器質的口腔ケアを日頃から行い、歯(義歯)・口腔内・舌の清掃を行い清潔を保つことも老後の生活の質を保つ上で重要なことです。

口周りの筋肉や舌の力を保ち飲み込む力の低下を予防する 機能的口腔ケア

機能的口腔ケアは、口腔内や口周りの筋肉、舌などの力を鍛え、飲み込む力が低下するのを防止するための口腔ケアになります。マッサージや食事前の嚥下体操などを継続して行うことで、日頃から飲む力に関連する筋肉を鍛え、衰えを防止します。

デイサービスでも重視されている口腔ケア

歯ブラシを手に持つ男性
デイサービスでも口腔ケアへの取り組みが重視されています。介護保険の介護報酬にも「口腔機能向上加算」として反映されているため、しっかりと口腔ケアを行うデイサービスが多くみられています。

デイサービスや通所リハビリテーション事業所においては、「口腔機能向上加算」という口腔ケアに対する加算が設定されています。

口腔機能向上加算の具体的な内容を紹介します。

口腔機能向上加算の内容

デイサービスや通所リハビリテーション事業所の利用者に対し、個別に口腔清掃や摂取・嚥下機能に関する体操や訓練を適切に実施した場合、算定できます。

指導は言語聴覚士や歯科衛生士、看護師が行います。

口腔機能向上加算は、ただ普段通りの口腔ケアをおこなうのではなく、ケアプランに位置付け計画的に実施、評価されるような仕組みになっています。

在宅介護における口腔ケアの目的など

デイサービスのような在宅で介護を受けながら自宅で生活している人にも、口腔ケアはぜひ行ってほしいケアの1つです。この場合の口腔ケアの目的も、やはり全身的な健康を保つということになるでしょう。

住み慣れた自宅で安定した状態で暮らしていくためには、命の危険を脅かすような誤嚥性肺炎にならないように気を付けるという点が大切になります。

また、口腔ケアは認知症や糖尿病、心臓病の予防になるとされています。

認知症の予防

口腔ケアを行い、自分の歯や口の力で食事ができることは脳への刺激になり認知症の予防や改善に繋がります。

心臓病の予防

歯周病は心臓病の原因になると考えられています。それは、歯周病になって歯周病菌が血液中に入ると血管が詰まりやすくなるからです。そのため、歯周病の人は歯周病でない人に比べて心臓病になりやすいとされています。

糖尿病の予防

糖尿病にも歯周病が関連しています。歯周病によって発生するサイトカインという物質はインスリンの働きを悪くし、糖尿病を悪化させることがあります。

現場で困らない!口腔ケアの方法いろいろ紹介

歯磨き粉と歯ブラシ
最後に、介護の現場における口腔ケアの方法を介助が必要なレベルごとに紹介します。

介護施設をはじめとした介護サービス事業所では、多様な状態の利用者の口腔ケアに携わることになります。個々のレベルに応じて口腔ケアの方法や介助が異なります。

口腔ケアに必要な道具と手順

口腔ケアに必要な道具は以下の物品になります。
  • 歯ブラシ
  • 歯間ブラシ
  • 舌ブラシ
  • スポンジブラシ
  • タオル・ガーゼ
  • 受け皿(ガーグルベース)
これらの道具を使用して、主な手順は以下のようになります。

口腔ケアの手順~

①歯磨き

歯の表面や根元、歯間をブラッシングし残渣佛や歯垢を取り除きます。取り除きにくい時は歯間ブラシを使用しましょう。

②舌、粘膜などの口腔内のケア 

舌や頬の内側などの口内のケアをしましょう。舌ブラシを使うと舌を痛めずにケアできます。粘膜はやさしくケアしないといけないのでスポンジブラシを用いて力を入れすぎないようにしてこすりましょう。

③入れ歯のケア

入れ歯は、入れ歯洗浄剤に浸すだけでは十分なケアとはいえません。歯ブラシや入れ歯専用ブラシを用いて丁寧に掃除しましょう。

自立の人の口腔ケア方法

自分で口腔ケアができる人は、自身で行ってもらい介護者が見守りと確認を行います。

自分でできることで口腔ケアに対する意識や意欲を維持できるので、上手く出来るように見守りやアドバイスを中心に関わるようにします。

一部介助の人の口腔ケア方法

部分的な介助が必要な人には、介助者が付き添って一緒に行います。うがいだけはできる、入れ歯の出し入れはできる、最後に水で入れ歯を洗うことはできるなど、できることは行ってもらい、細かい清掃などは介助者が行うようにしましょう。

介助が必要でも、毎日行うことで習慣化されることが大切です。

全介助が必要な人の口腔ケア方法

介助者が口腔ケアの全ての介助を行う場合は、口腔内を湿らせたガーゼで丁寧にふき取るケアが必要になります。粘膜を傷つけないように注意しましょう。

胃ろうや腸ろうをしていても口腔内には細菌が繁殖するので、定期的な口腔ケアは必要です。

認知症の人の口腔ケア

認知症の人の口腔ケアでは、介助者が指を噛まれたり、歯ブラシを噛む、口を開いてくれないなどの悩みが聞かれます。

認知症の人への対応は、口腔ケアに限らず雰囲気が重要になります。そのため、まずは口腔ケアに向かうための雰囲気作りが大切になります。

いきなり歯ブラシを口に持っていくと驚きや恐怖心を抱いてしまいます。物品を準備する場面から説明を行い、これから歯磨きをするのだという雰囲気を感じてもらいましょう。そして、認知症があっても何を行うかの説明は省かず、きちんと説明を行います。

口腔ケアの際も力を入れすぎないように注意を払い、最終的に「気持ちよかった」「嫌じゃなかった」と感じてもらうことが継続に繋がるポイントです。

まとめ

高齢者の口腔ケアは、本人だけでなく家族、介護者がその重要性を理解し継続することが必要です。口腔内の清潔を保つことが誤嚥性肺炎の防止、心臓病や糖尿病、認知症の予防や回復につながるのです。

自宅で介護している家族は「口腔ケア=歯磨き」という認識しかない場合もあります。介護の中の口腔ケアは、口腔内の清潔を保つためのアプローチの部分から始まるのです。
知識と方法を知ることができれば、日々の取り組みとして口腔ケアを行うことは可能になります。意識してケアを行うだけで全身的な健康を保つ一助となる口腔ケアは、皆で積極的に取り組んでいくと良いでしょう。
無料転職相談・問い合せ
就職祝い金プレゼント

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。