1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 介護職へ転職する方必見!採用担当の目にとまる履歴書の書き方とは?

介護職へ転職する方必見!採用担当の目にとまる履歴書の書き方とは?

介護職へ転職する方必見!採用担当の目にとまる履歴書の書き方とは?

介護業界に関わらず、就職や転職する場合、履歴書の作成を避けて通ることはできません。

では、魅力的な履歴書、採用担当の目にとまる履歴書を作成するにはどうすればいいのでしょうか?
採用担当の目にとまる魅力的な履歴書を作成するには自分の長所や魅力を最大限にアピールすることが大切です。
基本的なマナーを守るのはもちろんですが、それだけでは不十分ですし、短期間で転職回数が多いとなればさらに注意が必要です。
「この人と一緒に働きたい」と思えるような履歴書作成に努めましょう。

ここでは、そんな魅力的で採用担当の目にとまる履歴書の書き方をご紹介します。
介護業界へ転職をお考えの方の参考になればと思います!

履歴書作成の基本条件

履歴書にこれまでの経験や資格などを書きますが、採用担当はそこからあなたにどんなスキルや長所があるのか、採用した場合に長く働いてくれるかどうかなどを見ています。
たとえば、これまでどのような事業所や施設で働いた経験があるのか見ることで、採用後すぐに戦力となるかどうか判断できるでしょう。

基本的なことですが、履歴書の書き方がていねいかどうかもチェックしています。
汚い字で誤字脱字の多い履歴書だと、読んでもらうことすらできません。
ていねいできれいな字で書かれた履歴書であることは最低条件と言っていいでしょう。
また、きれいでていねいに書かれた履歴書を見せることで、几帳面で真面目な性格であることを印象づけることができ、採用にプラスになるはずです。

特に、介護業界はきめ細やかなケアや心づかいが必要な業界です。
文字のきれいさ、ていねいさには十分気をつけて書きましょう。

魅力的な履歴書作成のポイント

では、魅力的な履歴書を作成する際のポイントをご紹介していきましょう。

できれば手書きで

履歴書を書く際悩むのがパソコンで作成するか手書きかということだと思います。
パソコンはダメとは言いませんが、できれば手書きで作成しましょう。

業界によってはスキルを確認するのにパソコンの方が望ましい場合もありますが、介護業界の場合だと手書きの方が好印象です。
また、書き間違ってしまった場合は修正液や修正テープを使わず、書き直すことをおすすめします。
そのため、履歴書は多めに購入し準備しておきましょう。

下書き→清書

履歴書を書く際、誤字脱字があるまま提出するのは絶対にNGです。
書き損じをなくすため下書きをした後、清書を書くのが無難です。
ただ、採用担当が見た時に下書きしたのが分かってしまうとよくないので、薄く鉛筆で下書きし最後に消しゴムで消すのがおすすめです。

証明写真

履歴書には証明写真を貼付します。
3ヶ月以内に撮影したものでないといけません。
もちろん、スナップ写真やプリクラなどはNGです。

また、撮影の際はスーツ着用とまでは言いませんが、できればジャケットを着用するのがおすすめです。
あまりにもラフな格好は避け、身だしなみを整え清潔感のある服装で撮影しましょう。
また、介護業界で働くことを考えると、髪の毛の色はあまりに明るい色ではなく落ち着いた色がおすすめです。

日付

履歴書の上の部分に日付を記入しますが、いつがいいのか悩む方は多いと思います。
「記入する日でいいかな?」と思いがちですが、そうではありません。
持参する日もしくは郵送日にしましょう。

履歴書を書き終わったら、日付をチェックすることが大切です。

氏名

氏名を記載する場合、姓と名の間に少しスペースを入れ読みやすいようにします。
言うまでもないことですが、フリガナはカタカナで書き、ふりがなはひらがなで書きます。

年齢

年齢については郵送する日もしくは持参する日の年齢を書きましょう。

住所

住所は「〇〇市…」と書くのではなく、都道府県からきちんと記入しましょう。
「大阪府大阪市…」という具合です。
また、マンションやハイツ名も忘れず記入し、ふりがなをふっておきます。

希望する連絡先が住んでいる場所と違う場合のみ、その住所についても記入しておきます。

電話番号

電話番号を記載する際、記入欄が1つの場合は日中連絡しやすい方を記載しましょう。
また、連絡を希望する時間があれば書いておくといいでしょう。

メールアドレス

メールアドレスは職場のものを使うと不便だったり、退職後変更する必要があるためフリーメールを作成しておくといいでしょう。
GoogleメールやYahoo!メールなどですね。

学歴

学歴は小中学校は卒業年月だけでよく、高校からは正式名所で記載します。
入学、卒業それぞれの年月を記載し、大学を卒業した場合は学部、学科なども記載することが大切です。

職歴

転職の場合は前職の事業所名、施設名を正式名称で記入しましょう。
たとえば、「社会福祉法人〇〇…」という具合です。
また、所属部署名、職種なども書いておくのがおすすめです。

前職がアルバイトやパートであっても、転職先へのアピールになる場合は書いておくといいでしょう。
ただ、あまり短期間で退職した場合は除外です。

資格

介護業界へ転職する場合、介護に関する資格については必ず書いておきましょう。
その際、正式名称で記載します。

もし、介護に関する資格を全て記入後、スペースがある場合は求人募集要項に書かれている資格についても記載しましょう。
たとえば、「普通自動車免許が必要」と書かれてあれば、免許を取得した年月とともに書いておくといいでしょう。

志望動機、自己PR

履歴書を作成する際、最も悩むのが志望動機、自己PR欄だと思います。
介護業界へ転職するとなれば、ここが最も重要なポイントになるでしょう。

では、どのように書けば魅力的で採用担当の目にとまる志望動機、自己PRにすることができるのでしょうか?

・具体的な応募先の魅力についてふれる
介護業界へ応募する場合、採用されるかどうか志望動機の書き方にかかっていると言ってもいいほどです。

特に、介護職は離職率が高く短期間で退職する方が多い仕事です。
そのため、採用担当は応募者の志望動機をチェックし「すぐに辞めてしまわないか」「長く働いてくれるかどうか」などを厳しい目で見ています。

重要なポイントにどういう点に魅力を感じ応募したのか具体的にふれるというのがあります。
たとえば、グループホームへの転職を希望する場合、なぜグループホームを転職先に選んだのか、などはよくあるパターンです。
このような志望動機だと、応募先の施設で働きたいという熱意が伝わるはずもなく、どのグループホームでもいいと思われてしまうでしょう。
そこで、志望動機を記載する際、その施設や事業所でないといけない理由や魅力を具体的に記載した方がいいでしょう。

・自分の強みをできるだけ多く記入する
また、自己PRはあくまでも客観的な視点から自分を見て冷静に書きましょう。

自分にとって何が強みか考えできるだけ多く記入し、採用担当にアピールします。
単に、得意なことやできることを書き並べるだけではいけません。
これまで経験してきたことを思い出し、具体的に書いていきましょう。
できれば、数字など成果が分かるように書いたり、利用者から言われた言葉などを書くのがおすすめですね。
ここでは、介護業界で働くための魅力的で採用担当の目にとまる履歴書の書き方をご紹介しました。
履歴書を作成するのは意外と大変で難しいです。

履歴書が魅力的かどうかが、書類選考の通過へのカギとなります。
より高確率で書類選考に通過するためにも、採用担当の目にとまる魅力的な履歴書作成に努めましょう。

みなさんが履歴書作成を行う際のお役に立てればと思います。
無料転職相談・問い合せ

Contactお問い合わせ

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
介護士専門のコンサルタントが
無料サポート致します。